プレゼント印鑑選び

印鑑に価値を与えるのは台木および印面の素材と書体と文字入れの際のデザインです。最高級で人気が高いのは象牙とチタン次に黒水牛そして黒曜石や牛角ですから、手彫りになればさらに高額になります。定番の書体がありますからそれを名字まで入れるのかそれともフルネームで入れるのかによって大きさやデザインが違ってきます。

実印と銀行印は名字でもフルネームでも特に問題ありませんが認印は通常名字だけです。縦書きか横書きかでもデザインが変ってきますから、どちらにするか迷ったらお店の方に相談をしてみると丁寧に教えてくれます。

壮年以上の方によっては縁起担ぎを重要視されますから、贈る相手にあわせてデザインを工夫すると心のこもったプレゼントとして喜ばれます。ネット通販でもプレゼント用印鑑を購入できますが、通常購入の時同様に良質でコストパフォーマンスも優れた信用のおける店舗がおすすめです。

特に実印を贈るならなおさら材質は注意してください。購入してすぐ欠けてしまうようでは、場合によっては不吉感を与えかねないです。プレゼントの失敗で大事な人間関係にヒビが入ってしまっては泣くに泣けません。あまりに高級過ぎたプレゼントは、贈られる側が萎縮してしまいますから相手の身分や年齢に応じた印鑑を選ぶのがおすすめです。

参照資料<高級印鑑のネット通販サイト いいはんこやどっとこむ®
プレゼントにもできる高級印鑑を販売しているサイトです。

誰に贈る印鑑なのか

贈答用印鑑というものが市場には多く出回っていて色とりどり大変賑やかな状態ですが、男性に贈るなら素材にこだわって高級感あふれる印鑑が喜ばれます。一般的には親から子へ就職や成人祝いあるいは誕生日祝いで実印を贈るのですが、友人知人あるいは恋人へ贈るという時は贈るタイミングと種類を適切に選ぶ事で長らく良い思い出として残るはずです。

通常実印は一生のうちでも使用する頻度は高くありませんし、印鑑の中でも比較的重要度の高い位置づけにありますから、親から子への励ましの品としてあるいは出産祝いとして友達から友達へ、叔父から甥っ子への成人祝いもしくは就職祝いとしてといったパターンを考える事ができます。結婚の記念に夫から妻へあるいは妻から夫へのプレゼントという形も増えています。

恋人へ贈りたいなら銀行印と認印のセットでプレゼントをすれば、さほど重たく思われる事もなく親密度も上がる事請け合いです。業者へお願いすればおしゃれで上品な感じにラッピングもしてくれますし費用もさほど高くありません。のしやメッセージカードをつけてくれる事もありますからお願いをしてみてください。認印そのものは手軽な価格ですから台木に少しこだわりを持たせてみるか、手彫りにしてみるなど丈夫さを兼ね備えた一品を贈れば、安くても上品さを演出できます。